死後事務委任契約

死後事務委任契約とは、死後の葬儀や埋葬、その他下記の様な手続きを誰がどの様に行うかを契約によって取り決めておく事です。

葬儀や埋葬のやり方を事前に取り決めておくことで、依頼者様のご希望に沿った葬儀や埋葬を行う事ができます。

また役所への届け出や役所や会社、保険会社などの煩雑な手続きを代行する事で相続人様の負担を大幅に軽減する事が可能です。

 

 

契約時の手続きと費用

入念に打ち合わせうえ、死後事務の内容を取り決めます。

内容が決まった段階で契約の内容を公正証書にします。

公正証書作成料:5万円

※死後事務委任契約は遺言書の作成とセットです。

 

死後事務実行時の費用の目安(お亡くなりになった後)

※下記は当事務所の報酬です。葬儀などの実費は別途相続財産の中から頂戴します。

   

        サポート内容

サポート費用(税別)

 実費は別途請求

役所への死亡届け提出、戸籍関係の諸手続3万円~
健康保険、公的年金の資格抹消手続き5万円~

勤務先企業、機関の退職手続き

8万円~
病院・医療施設の退院、退所手続き5万円~
葬儀、火葬に関する手続き

10万円~30万円

※葬儀規模により変動

埋葬、散骨に関する手続き5万円~
住居引き渡しまでの管理5万円~
住居内の遺品整理3万円~
公共サービス等の解約・精算手続き1万円~
住民税や固定資産税の納税手続き2.5万円/件
不動産の価格査定1万円~

※下記は当事務所の報酬です。、葬儀などの実費は別途相続財産の中から頂戴します。

   

 
  

死後事務まるごとお任せパック:45万円~

相続、遺言に関する相談は久留米市の相続の専門家上野行政書士事務所ご利用下さい!